道州制で日はまた昇るか???

道州制実現で楽しい日本を! マスコミでは書かれない、でも大事なことだけを伝えます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
冗談でしょ
与謝野さんのことは前から
嫌だなあと思っていたが、
こんどはこんなこと言っている。

東電が悪いんじゃなくて神の仕業。

それなら政府にも、当然責任はなくて、神の仕業。

なんだか、
ご利益がほしいなら、
お布施(税金)払え払え! 
と迫る宗教団体が、
何か信者に悪いことが起きると、
「それは仕方ない。神の仕業。
あなたは信心が足りないのだ!
もっとお布施払え払え!」

と、
言うのに似ている。

福島原発事故は「神の仕業」=東電の責任否定-与謝野経財相
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011052000323

 与謝野馨経済財政担当相は20日の閣議後会見で、東京電力福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べた。同原発の津波対策に関しても「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」と語り、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だとの考えを重ねて強調した。
 今回の原発事故をめぐっては、安全対策の不備や人災だとの指摘が国内外から出ている。「最高の人知」や「神による異常な自然現象」という論理で東電を徹底擁護する主張には、「原発は安全」と説明されてきた地元住民らからも批判が出そうだ。(2011/05/20-11:12)
スポンサーサイト
地域の復興 | トラックバック(1) | コメント(0) |permalink
<< ほらやっぱり! | home | 橋下知事の次に注目のこの人! >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
福島原発事故は「神の仕業」=東電の責任否定―与謝野経財相  20日の閣議後の会見で、嘗て立ち上がれ日本(※注1)の発起人で石原慎太郎応援団長の類友とも称された事のある与謝野馨経済財政政策担当大臣が、類友たる本性を現した。  内容はと言えば、福島第一原発事
漆黒ノ軍皇 | 2011/05/20 Fri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。